カードローン審査で一番大切なのは収入?

収入が低いと借り入れができない、こう考える方は多いです。確かに、年収○○万円以上と決まっているカードローンなどもありますので、その条件を満たしていないと申し込みさえできないということになってしまいます。カードローン審査に申し込めば、たくさんの属性を記入しますがやはり収入が一番重要視されると考えてしまいますね。

 

しかし、銀行カードローンも正社員だけではなく、契約社員の方も申し込みができるものもあります。アルバイトやパートの方が申し込めるものもあります。結果として、さほど大きな年収ではなくても申し込みが可能なカードローンも見つかるということです。

 

収入が低い場合でもどうしても審査が可決になりたい、こんな時には借り入れする金額に気を付けます。銀行カードローンは、消費者金融などの貸金業とは違い貸金業法の規制は受けません。貸金業からは年収の3分の1を超えた金額を借りることはできないのですが、銀行カードローンはこの規制を気にせずに申し込みができることになっています。

 

しかし、銀行側としてもいくらでも貸すというわけではなく、結局は総量規制に近い金額を限度額として設定することが多くなるようです。確実に可決になりたい場合は、できるだけ限度額を低い状態で申し込みをするべきでしょう。そうすることで審査時間も短縮される可能性が高くなります。

 

銀行カードローンや消費者金融では収入だけを審査するのではありません。また、各金融機関の審査基準はそれぞれ違っていると言われています。というのも、申し込み先によって限度額の設定が違うことがほとんどですし、可決と否決にも違いがでることもあるのです。

 

収入は確かに属性の中でも重要なことには間違いないですが、借入額とのバランスをとることも大切、既婚・未婚や勤続年数なども重視するところがあります。要は返済できると審査結果を下すために必要な信用が求められるということになるのです。

 

もちろん、過去の延滞履歴も重要であることに間違いはありません。返済遅れをしたことがあり、その記録が残っている場合も、審査は可決になりません。審査は属性のすべてで信用度を測るものです。どれか一つだけが突出している、例えば年収がとても大きいという場合であっても、他での借り入れが多い時では可決にならないことがあります。

 

借り入れは属性のトータルでできるもの、と考えておいた方が良いでしょう。申し込む側としては、延滞履歴などがなくなるまでの期間をあけてから申し込むことや、転職をせずに勤続年数を伸ばすことなどが信用度を上げるためには取り掛かりやすいことでしょう。



inserted by FC2 system