消費者金融より銀行カードローンは審査が長い?

審査時間の比較だけで考えれば、これまでは消費者金融キャッシングが銀行カードローンよりも短いという結論だったでしょう。しかし、銀行カードローン審査もどんどん短くなってきています。スピード借り入れができる銀行カードローンも珍しくありません。

 

「ではどんな銀行カードローンに申し込みをすれば、すぐに借りられるの?」という疑問が起こりますね。審査時間が短いカードローンのチェックポイントは、保証会社です。

 

銀行カードローンのように、保証人や担保がいらない金融商品では、必ず保証会社の保証を受けなければ借り入れすることができません。つまり、保証会社も申し込み者の審査を行うということです。

 

保証会社を務めているのは、例えば三菱東京UFJ銀行のバンクイックであれば消費者金融のアコム、三井住友銀行カードローンならプロミス、といったようにグループ会社が行っている場合があります。また、オリックス銀行カードローンではオリックス・クレジット株式会社、楽天銀行カードローンでは楽天カード株式会社あるいは株式会社セディナが保証会社となっています。

 

このように、消費者金融や信販会社が保証会社となっているわけですが、保証会社が消費者金融なら、その審査時間の短さがそのままカードローン審査にも影響を与えることが多いのです。消費者金融は短時間での審査が可能なノウハウがあるため、銀行カードローンの保証会社としての審査も審査時間がとても短くなっているのです。即日審査、即日借り入れを希望するのであれば、保証会社までチェックしてより審査が速いところを探すことが重要になります。

 

とはいっても、最近は銀行カードローン全体の審査時間がとても短くなっていることは間違いありません。信販会社などが保証会社であっても、即日から2〜3日程度の審査日数しかかからないものもたくさんあるのです。

 

消費者金融のキャッシングよりも、銀行カードローンのほうが審査時間は長い、借り入れできるようになるまでに時間がかかると考える方は多いのですが、実際のところは大きな差がない金融商品もたくさん登場しているということです。

 

より早く借り入れをしたいのであれば、審査時間だけではなく借り入れ方法にも気を付けましょう。というのも、カードを使った借り入れ方法ならカードの受け取り方法まで注意しておかなければならないのです。郵送による手続きは、どうしても時間がかかってしまいます。急いでいる場合は、トータルでかかる時間を考えて申し込み先を決めましょう。



inserted by FC2 system