銀行カードローンの審査基準を知りたい

「年収は300万円以上、必ず持ち家で、既婚の方のみ」この条件を満たしていれば銀行カードローンで契約できる、こんな風に分かっていれば簡単なのに、と思ってしまいますね。しかし、銀行カードローンの審査基準はどこの銀行でも明らかにしていません。

 

審査基準をあらかじめ分かるようにしてしまうと、その基準に合わせて事実を申告しない人物もでてくる可能性があります。審査で金融機関が何を確認したいのかというと、申し込み者がきちんと返済できるのだろうかということや、いくらまで貸し付けをしても返済できるのだろうかということです。

 

申し込み者の正確な状況が把握できなければ、お金を貸しても貸し倒れということになってしまいます。特に銀行カードローンのように保証人や担保をたてる必要のない金融商品では、申し込み者の収入や他での借り入れなどのバランス、さらに過去に延滞などをしていないかということがとても重要な審査でのポイントとなってくるのです。

 

カードローンに申し込みをしたい場合は、審査基準が明確には分からないなりにも、収入と借り入れ希望の金額のバランス、過去の借り入れや返済の履歴に注意を払っておくしかないのです。

 

収入は簡単にアップすることができるものではありません。銀行カードローンは消費者金融のように総量規制は受けませんから、年収の3分の1を超える金額でも申し込みをすることはできます。しかし、確実に返済できる金額でなければいけません。年収が200万円で限度額が800万円という設定はカードローンでは不可能になるでしょう。一般に収入の半分以上を返済に回すと、生活費などが立ち行かなくなってしまうと言われています。

 

過去の借り入れや返済の履歴についても、借り入れしたという履歴がすべてマイナスになるわけではありません。きちんと返済していれば、むしろ返済履歴が残っているため「必ず返済する人物だろう。」という判断を金融機関がすることも多いのです。返済に遅れている、それも何度も、という人物はまた貸付をしても「返さない可能性が高い人物。」と受け取られてしまい、借りる事はできません。

 

この履歴は、金融機関だけでなく個人信用情報機関に残されています。これを各金融機関は共同で利用しています。A社で審査否決になったから、B社で申し込めばよいと考えても、B社は申し込み者がA社で否決になったことを信用情報機関で知ることができます。B社はその前に否決になっている人物に貸す可能性もありますが、その逆の確率のほうが高くなると思っておいたほうがよいでしょう。できるだけリスクをとらないようにするのは、金融機関だけでなく人間同士でも同じですね。

 

審査基準は申し込み者には誰にも分かりません。口コミ情報なども、確かに参考にはなりますが誰かが可決になったからといって、必ず自分も可決になると考えない方が良いでしょう。過去の延滞履歴などに注意をして、自分が使いたいと考える金融商品に申し込みをするしかないのです。

カードローン審査の属性とスコアリングとの関係とは?

カードローンの申し込みをすると、その後に審査があって、審査の結果により、実際に契約ができるかどうかが決まります。このカードローンの審査についてですが、過去には何日も日数が必要であったものが、現在ではものの数時間程度でも審査が終了してしまうということがめずらしくはありません。即日融資、即日資産をうたっているようなカードローンの場合には、さらに審査の時間が短縮されている傾向がみられます。 こうしたスピード化の背景としては、カードローンの申し込みをした人の属性に応じて、一定のスコアリングをすることによって、審査を自動化しているということが挙げられます。ここでいう属性というのは、たとえば年齢、職業、勤続年数、家族構成、年収などといった、申し込みをした人がもっている要素のことを指しています。これに対するスコアリングですが、簡単にいえば属性に応じた点数を付けるということになり、当然、点数が良いほど審査を通過しやすいという結果になります。 年齢であれば、一般的には年齢が高いほど社会的地位も経済力も高いということができますので、スコアリングのほうも高くなってきます。職業であれば、倒産の懸念がある零細企業のサラリーマンよりも、安定している公務員のほうが、スコアリングの上では高いということになります。このように、属性によってスコアリングのほうもいろいろと変化し、申し込みをした個人ごとに審査がわかれることになります。


inserted by FC2 system