カードローンの利息を低くしたいなら

なんといっても利息が低いところで借り入れしたいからと、とにかく金利の低い銀行カードローンを選ぶ方も多いですね。最低金利が住宅ローン固定金利と変わらないぐらいの低金利カードローン商品もありますが、カードローンの申し込み時にできるだけ金利を低くする方法もあるのです。

 

カードローンの金利は、与信によって決まります。与信とは読んで字のごとく信用を与えるわけです。金融機関が申し込み者の信用度を測るということです。信用度が高ければ金利は低く、反対に信用度が低ければ金利は高くなってしまいます。

 

これに加えて、信用度が高ければ限度額も大きくできます。信頼できる人物になら大きな金額を貸しても返済されると金融機関は判断するわけです。ではできるだけ金利が低く、支払う利息も少なくしたいという場合にはどのようにすればよいのでしょうか?

 

最初から金利が低いところを徹底的に探すことも大切ですが、申し込み時にできるだけ限度額を大きくするという方法もおすすめなのです。限度額を大きくすると、本当に必要な金額以上に借り過ぎてしまいそうと心配になるかもしれません。

 

しかし、たとえ低い限度額に設定したとしても、自分が余裕をもって返せる計画を立てることには変わりはありません。借り入れ前には必ず返済シミュレーションをすること、自分の現在の借入残高はいくらぐらいなのかということを把握することで借り過ぎは自然と防げるでしょう。こういったカードローンの利用方法は、限度額の大小にかかわらず、常に意識しておかなければならないものです。カードローンの特徴である気軽に借りられるという利点を良い意味で活用せずに、いつでもどこでも計画なしで借りてしまうというようにしなければよいだけです。

 

カードローンによっては、限度額が変わっても金利が変わらないものもあります。最初に設定された金利のままというものも中には見つかります。また、もともと金利の幅がなく、すべて一定の金利となっているカードローンもありますので、申し込みの前に十分に確認しておく必要があるでしょう。

 

金利が低いカードローンがたくさん出ているなかで、自分がもっとも低い金利で利用するためには少しの対策が必要となりそうですね。もともとの金利が低いカードローンを選ぶのはもちろん、どのような利用方法にすればお得なのかということを考えておきましょう。基本的な利用方法は何も変わりませんし、難しいことでもありませんから、申し込み前に簡単にチェックしておくことと自分の利用方法を明確にしておきましょう。



inserted by FC2 system