審査に通りやすいと評判のカードローン

カードローンを検索していると、「審査に通りやすい。」「誰でも借りられます。」というものも見つかるかもしれません。また、口コミ情報でも「このカードローンは審査が緩いです。」といったものもよくあります。

 

しかし、これは本当にそうなのでしょうか?審査というものを金融機関が行う限りは、誰にお金を貸すことができて、誰にお金を貸すことができないのかということを判断するのです。この審査基準は申し込み者には分かりません。審査が緩いということは、審査基準が緩くなっているということです。しかし審査基準を公表している金融機関は一社もないわけですから、何をもって緩いと判断するかができないのではないでしょうか。

 

審査に通らなかったとしても、その理由は絶対に分かりません。申し込み者としては「自分の属性は完璧なのに、審査に通らなかったのだからこのカードローンは審査が厳しい。」と考えてしまうかもしれません。しかし本当に属性が「完璧」なのかどうかは、金融機関しか分からないことなのではないでしょうか。

 

また、その緩いという部分は、例えば年収が低くても借りられる、借り入れ希望金額が多くても可決になるということも具体的に意味しているのかもしれません。しかし、金融機関も誰にでも貸せるというわけではないですね。どんなに審査に通りやすいと評判のカードローンに申し込みをしたとしても、自分も借りられるようになるかというとこれは別問題なのです。年収100万円の申し込み者に500万円を貸せる金融機関はありません。返済されなければ経営できなくなってしまうからです。

 

「ではどうやって借入先を決めたらいいのだろう?」と困ってしまいますね。借入先を決めるには、審査のことだけに重点を置いて借り入れ先を探すのではなく、自分が本当に使いやすいローンということにポイントを置いて探すしかありません。可決後のことを考えて借入先を探すのです。

 

カードローンの情報を集めることは大切です。審査に関する情報もたくさん集めたくなるものですが、せいぜい審査日数ぐらいにとどめておき、ローンのスペックを比較したほうがよいでしょう。

 

どうしても借り入れしたいということを優先で考えていると、審査のことばかりに目が向いてしまいますが、実際に借りられた後の使い勝手を中心にして借り入れ先を決めるようにしましょう。審査に通りやすいと評判のカードローンを選んだとしても、自分が本当に使いやすいかどうかとは別問題なのです



inserted by FC2 system