カードローンといえば銀行がおすすめ!

カードローンという名称は銀行や消費者金融で使われていますね。クレジットカードを発行する信販会社でも同様の利用方法で、カードを使って借り入れや返済ができるローン商品も取り扱われています。カードローンという名称で発行されていることもありますが、正確には信販会社が発行するカードはローンカードと言います。

 

いずれを選ぶにしても、金融機関の違いというよりもローン自体の違いに気を付けるべきでしょう。その中でも、銀行カードローンは他の二つとは決定的な違いがあります。それは、総量規制などを含む貸金業法の規制を受けるか受けないかというところです。

 

銀行は貸金業ではありませんから、改正された貸金業法の規制を受けずに借り入れすることができます。代表的な年収の3分の1までしか借りられないという総量規制を超える金額も限度額として申し込むことができるのです。総量規制は、すべての貸金業からの借り入れを合計するものですから、消費者金融や信販会社からのキャッシングなどはこの範囲内に収める必要があります。ただし、信販会社が発行するクレジットカードでのショッピングは対象外となっています。

 

銀行カードローンをおすすめする最大の理由はここにあります。借り入れできる限度額を大きめに設定できる可能性が高い、これはカードローンにおいての最大の魅力でしょう。「それほど大きな金額を借り入れしなくてもよいのだけれど…。」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、金利が単一のカードローンでなければ、限度額が大きいほど金利は低くなります。実際に借り入れする金額はさておき、大きな限度額を設定しておくことは、逆にお得な借り入れ方法となるのです。

 

さらに、借り入れできる対象者が多いのも、銀行カードローンがおすすめの理由です。消費者金融などの貸金業者からの借り入れは、年収の規定があるということは当然年収が0では申し込むことができないということです。夫に収入がある妻であっても、自分の名義でキャッシングすることはできません。

 

銀行カードローンではここも大きな違いとなっていて、本人収入がない方も世帯収入で申し込みができる場合もあります。一部のカードローンでは前年度の年収が○○○万円以上、と決まっていることもありますが、どちらかといえば専業主婦の方も申し込みができる銀行カードローンのほうが割合としては多いといえるでしょう。

 

さらに、全体的に金利が低めの傾向にあるのも銀行カードローンの特長です。とはいっても、銀行ごとに設定されている金利は実に様々ですから、申し込み前に金利をじっくりと比較する必要はあります。また、単一金利でない場合は、自分が希望する限度額ではどれぐらいの金利になるのかということを、サイトなどで確認しておきましょう。ただし、審査の結果によっては記載されているものとは違う金利を提示されることもあります。

 

このように、銀行カードローンのメリットはたくさんあります。どこで借りるのか金融機関選びから迷っている場合は、まずはいくつかの銀行カードローンをピックアップしてみることをおすすめします。



inserted by FC2 system