カードローン審査が通りやすい人は?【最短・最速で借入する】

審査に通りやすいカードローンではない

お金を借り入れたい、もちろんそのためにカードローンに申込をするでしょう。
しかし、そもそもカードローンに通りやすい、通りにくいことはあるのでしょうか?

 

通りやすいカードローンではありません。
通りやすいかどうかは、申込者の「情報」が左右します。

 

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 30日間無利息(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 在籍確認の方法を選べる
  • WEB完結も対応可能
  • 即日融資も可能
  • 三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があると便利

実質年利 4.5%〜17.8%
融資限度額 1万円〜500万円
おすすめ度 評価5
プロミスの総評

消費者金融のカードローンの中では間違いのない人気、そして実績があります。常に利用者目線で新しいサービスを提供しており、その結果が「初めての借入翌日から適用の30日間無利息」や「在籍確認の選択」につながっています。手数料無料で借入や返済ができる方法も充実しており、トップクラスのサービスを誇るカードローンといえるでしょう。

 
 

モビット

モビットの特徴

  • WEB完結がある
  • カード有も選択ができる
  • 即日融資も可能

実質年利 3.0%〜18.0%
融資限度額 1万円〜800万円
おすすめ度 評価4
モビットの総評

WEB完結の先駆者といえばモビットです。カードなし、電話なし、郵送物なしのWEB完結は人気の高いカードローンではありますが、24時間振込キャッシングに対応しているものではありません。平日の限られた時間となっているため、カード有のモビットを選択する方も増えています。

 
 

アコムの特徴

  • 30日間無利息
  • 即日融資も可能
  • 楽天銀行口座があると便利

実質年利 4.7%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円
おすすめ度 評価4
アコムの総評

プロミスと同じように30日間無利息がありますが、契約翌日からの適用です。そのため即日融資のときには無駄なく使えますが、そうではない場合にはいざ利用開始のときにはすでに無利息期間が終了していたということもありえます。注意が必要です。楽天銀行口座があると振込キャッシングが24時間対応になります。

 

 

例えばA社のカードローンは通りやすい、そういうことではありません。
カードローンには審査があります。
その審査に必要なもの、それが情報です。

 

情報とはいったいどのようなものなのでしょうか?
難しいことはありません。
逆の立場、つまり「貸す側の立場」になるとその傾向が見えてきます。

 

「あなたが貸す立場なら」と考えみましょう!
こんな人には貸したくないという項目がいくつも思い浮かぶはずです。

 

こんな人には貸せない・・・

  • 収入が不安定
  • どんな人かわからない
  • 収入がない
  • 借金まみれ
  • 返済が遅れがち
  • 嘘ばかり
  • 悪い噂

 

収入がなければ返済をするためのお金を用意できません。
また収入が不安定であっても確実に返すというあてはないでしょう。
借金まみれや過去の返済が遅れがちであれば安心はできないはずです。
また借りる理由や、返済の約束、収入の状況など嘘ばかりつくようでは信用してお金を貸すことはできません。

 

自分が貸す立場となれば「こんな人には貸せない」というイメージがわいてくるでしょう。

 

逆に「こんな人なら貸せる」こともあるのではないでしょうか?

 

こんな人なら貸せる

  • 安定した収入
  • 身分がはっきりとしている
  • 高収入
  • 借金がない
  • 約束を守る
  • 正直
  • 連絡がつきやすい

 

収入があり、他に借金もないのであれば、急に何らかの事情が発生し突発的なお金が必要になったことが推測できます。
正直者で約束も守り、返済が行われるまで常に連絡がつく状況にある。
さらには身分証も提示してくれればこれほど安心なことはありません。
「貸してもいい」と判断するのではないでしょうか。

 

ポイント

カードローンの審査でも同じことがいえます。
審査とはいったいどんなものなのかと、難しく考える必要はありません。
貸す側にとって安心がある、少なくともリスクは小さい場合に「貸す」判断が下されるはずです。

 

参考サイト:今すぐにカードローン審査ガイド

 

審査に通りやすい属性とは

審査の一つとして、属性スコアリングがあります。
属性とは申込書に記入した項目の一つ一つです。

 

それではプロミスの申込書を例にしてどのような「審査に重要になる属性」があるのか確認してみましょう。

 

カードローン審査に重要になる属性

 

一つの属性が高くても、他の属性が低いこともあります。
またその逆にパートアルバイトとして属性が低くてもそのほかの属性が高いこともあります。

 

総合的な評価になるため、一つの属性だけに注目うすことはできません。

 

審査に通らない属性もある

カードローンの審査には間違いなく審査に通らないケースもあります。

 

無職 収入がなければ返済能力がない
自己破産 返済を放棄した経歴とみなされる
債務整理 契約通りの返済をせずに強制的に手続きを行ったとみなされる
返済の遅延が多い 返済の意思が弱い
強制解約 悪質なトラブルによって強制的に解約されたとみなされる

 

無職、もしくはブラックと呼ばれる状態です。
カードローンに申込をしても審査に通ることはありません。


inserted by FC2 system